TOP

コラム・キャンペーンcolumn・campaign

Column

2023.12.11
着色しやすい食べ物・飲み物 ホワイトニング後の食事について

歯の黄ばみの原因で最も多いのは「飲食物による着色」です。歯の黄ばみを防ぐためには、着色しやすい飲み物・食べ物をできるだけ避ける事が必要です。

特にホワイトニング後は「ペリクル」と言う歯の表面の薄い膜が剥がれ、エナメルがむき出しの状態になります。

ペリクルが再生するまでに12〜24時間かかるのですが、それまでのエナメル質が出ている間がとても着色しやすくなっていて食事に注意が必要です。

ではどのような食べ物に注意する必要があるのか?何を食べればいいのかなどをご紹介していきます。

着色しやすい食べ物・飲み物の例

(1)唾液に色が付く濃い色の物

一般的に色の濃い飲食物は、唾液に色が付きやすく、その唾液の色が、歯に着色していきます。
醤油、味噌、ソース、焼き肉のタレ等、色の濃い調味料は着色しやすくなります。着色しにくい調味料では、塩やハーブスパイスがおすすめです。
ケチャップやトマト、また人参などの緑黄色野菜も着色しやすくなります。

(2)ポリフェノールやアントシアニンを含む物

赤ワイン、ブルーベリー、ブドウ、イチゴ、チョコレートやココア等はポリフェノールやアントシアニンを多く含む、着色しやすい飲食物です。

イソフラボンもポリフェノールの一種です。豆腐や納豆などに含まれる大豆イソフラボンも着色の原因となります。

(3)タンニン・カテキンを含む物

タンニンはポリフェノールの1種で、いわゆる「渋」といわれる成分です。食器に「茶渋」が付くのと同じで、歯にも着色を起こします。
コーヒー、緑茶、紅茶、ウーロン茶などが挙げられます。

(4)ナッツ類

色が濃くないナッツ類は、着色しにくいと思われがちですが、実はインクの材料として使われた歴史があるほど色素を多く含む食品です。

「着色補助食品」にも要注意

着色補助食品とは、それ単体では着色作用がないものの、先にご紹介した「着色性食品」と併せて摂取すると着色レベルを強化させてしまう食品のことです。具体的には以下のようなものが「着色補助食品」と考えられています。

着色補助食品の例

アルコール飲料、炭酸飲料、スポーツドリンク、柑橘類、クエン酸、ほうれん草等

「着色性食品+着色補助食品」で着色作用が助長される

「着色補助食品」は口腔内を酸化させる作用が強く、これによって歯の表面のエナメル質が溶解しやすくなってしまいます。この状態で色移りのしやすい「着色性食品」を食してしまうと、本来以上に歯への着色作用を高めてしまうというわけです。

具体的には、カレーを食べる際にアルコール飲料や炭酸飲料を摂取してしまう例が考えられます。

「タバコ+着色補助食品」

タバコは食品ではないものの、ヤニなどで歯が黄ばんでしまうことは広く知られています。先にご説明したように「着色補助食品」は歯の表面のエナメル質を溶解しやすくしてしまうため、たとえばアルコール飲料を飲みながらタバコを吸えばタバコからの黄ばみが歯の内部に浸透しやすくなります。

飲酒の際にタバコを吸いたくなるという方はまだまだ多いと思いますが、これは歯の黄ばみを加速させる行為に他なりませんので極力控えた方が良いでしょう。

ホワイトニング後にオススメの飲食物

ホワイトニング後にオススメの飲食物は白い食べ物や色の薄い食べ物です。

飲み物はなるべく水を飲むようにして、どうしても味気なく感じる時は緑茶を飲むようにしましょう。

ホワイトニング後にオススメの飲食物例牛乳をご紹介します。

  • 白味噌汁
  • 白ワイン
  • ご飯
  • パン
  • カルボナーラなどのホワイトクリーム
  • 白身魚
  • うどん
  • 白菜
  • 大根
  • しらす
  • 日本酒
  • 焼酎
  • チーズ
  • ヨーグルト
  • 色の薄いビール
  • ナッツ類
  • 里芋
  • 大根
  • ラーメン(豚骨、塩、バター)
  • えび
  • お吸い物
  • フライドポテト
  • ポテトチップス(塩味)
  • 鶏肉
  • おかゆ
  • 貝柱

まとめ

歯に着色しやすい飲み物・食べ物は、色の濃い物だけではありません。色の濃い食べ物でなくても、着色を助けてしまう「着色補助食品」にも注意が必要です。着色しやすい飲食物を完全に避ける事は、食生活をしていく上で難しい事も多いでしょう。極端に着色しやすい飲食物を避けるだけでなく、食べる組み合わせにも注意してみると良いでしょう。
また、喫煙や口呼吸等の習慣があると、更に着色しやすくなります。着色を避けるためには、生活習慣も見直してみましょう!

ホワイトニング_test
この投稿をInstagramで見る

まりこ歯科クリニック 阪急三国駅前(@marikodentalclinic)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

まりこ歯科クリニック 阪急三国駅前(@marikodentalclinic)がシェアした投稿

一覧に戻る

アクセスaccess

まりこ歯科クリニック        
〒532-0033 大阪府大阪市淀川区
新高3丁目6-17-2F
三国駅前クリニックモール
アクセス
診療時間※予約優先制
診療時間
休診日:木・日・祝
※受付は診療開始時間~終了15分前までとなります。

阪急三国駅から徒歩3分、
国道176号線沿い
にあり
通いやすい立地です。
1階がKOHYO阪急三国店です。